読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のソムリエによる本の紹介ブログ

自称本のソムリエが本を読んだ感想を投稿します。

好きなことで起業するを読んで

働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する

朝晩30分でいいから好きなことを始めろ。

特にサラリーマンは勝手に毎月給料がもらえるので、給料をもらってスキルを身に付けられる環境にあると。

 

サラリーマンだとあまり意識してなかったけど、企業は研修とかでお金を使って教育を受けさせてくれるし、たくさんのことを勉強させてもらっている。

例えば、メールの出し方、資料の作り方などはどこでも使えるスキルだし、起業に直接使わないにしても間接的に役に立つものばかりだ。

 

サラリーマンだからこそ会社にいない時間は自由に時間を使えるし、好きなことに取り組んで、発信していくことが大事だと述べている。

経営者は逆に休みもなく仕事のことを考えないといけないから時間がないというのは言われてみるとそうだなと。

電車の通勤時間とかでこつこつやれそうな好きなことで発信してみてダメなら他のことを試せばいい。

何度でも取り組めるし、方向転換出来るのが会社員の強みだが、危機感がないけら継続することが難しい。

 

続けるための工夫と好きなことを上手く結びつけることが大事だと改めて感じた本でした。

嫌われる勇気を読んで2

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え


すべての悩みは対人関係の悩みである。


これは割と府に落ちました。

他人との比較によって優劣がつくので、○○ができるとか、できないというのも他人がいなければ起こらない悩みだし、

○○が苦手というものもないからです。


私は他人よりも文章を書くのが苦手だと考えていても、世界には文字をかけない人がいるのでその中のコミュニティーに属していれば、得意とも言えます。

つまり、主観の持ち方で苦手とも得意とも考えられる。

つまり、悩みはつまらない主観によって引き起こされているってことですね。

主観の持ち方が厳しい人が悩み、緩い人が悩まないとゆうことかな。


人を動かす人になるために知っておくべきことを読んで

「人を動かす人」になるために知っておくべきこと

ちょっと期待はずれの本でした。


一つ一つは良いことを書いてあるけど、繋がりがあまりないので、あまり心に残りませんでした。

割と一貫性があって薄い本の方がすらすらと読みやすく、心に残りやすいのでそういう本を最近は選ぶようにはしていますが、この本は読みにくかったです。


好みの問題かな?

最近は分厚い本や長編ものをあまり読みたくなくなってしまったので。

本当はカーネギーの人を動かすとか読みたいんですがね。。

何回かに分けてブログに書いていくかもしれません。

嫌われる勇気を読んで

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

前から気にはなっていたのですが、買っていなかったので買いました。


まだ、最初のところしか読んでいませんが、備忘録的に。


対話方式で青年と先生の会話でストーリーが進んでいく本です。二人の会話を読んでいくのですらすらと読みやすいですね。


最近割と色々な本が出ているアドラー心理学に関する本です。

アドラー心理学は原因論ではなく、目的論を挙げています。


何かをするときに原因ありきではなく、それを目的としているという思想です。

例えば、コーヒーをこぼされて怒ったというのは、コーヒーをこぼされたから怒ったと考えるのが原因論。

普段我々に馴染みのある考え方ですね。

それに対して、相手を支配したいために怒ったと考えるのが目的論だそうです。


普段馴染みのない考え方で、哲学的ですね。

また続きを読んだらアップします。


七夕


f:id:rtom:20160702004128j:image

気づけばもう7月で、七夕ですね。
まだまだ梅雨で雨模様ですが、織姫と彦星は会えるのかな?

今一番叶えたいことは、時間が欲しい!
自由にできる時間を増やしたい!

でも、あまり本気じゃないから下火。。
どうしたら本気になれるの?

新米主任ITIL使ってチーム改善します!を読んで

新米主任 ITIL使ってチーム改善します!


前作はITILの全体をまんべんなく紹介していましたが、今回は4つだけ取り上げた話になっています。


新米主任が業務で起こるトラブルをITILの考え方を用いて解決していきます。

こちらでとりあげている4つは通常業務でも使いやすいものなので取り上げているのかと思います。


ITILの全体を知りたければ前作を読んで、もう少し詳しく知りたい!とか、もっと業務で使えるイメージを持ちたい!とかいう人はこの本も読んでみるとよいと思います。


お話自体も心温まる話で面白いです。


強い文章力養成講座を読んで

読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

この本では伝えるための方法や型を紹介しつつ、例題があり、こういうふうに変えると伝わりやすいというのが分かりやすく書かれています。

「伝え方が9割」では、短文での引き付け方がメインでしたが、こちらはある程度の長さの文章での書き方も書かれています。


ビジネスメールであったり、自己PRだったり、ネット広告だったり、普段使ったり、見たりしているものが体形だてられて説明されています。


特にストーリーブランディングはすごく、架空の商品の広告を4パターンくらいで書いていますが、どれも引き込まれて買いたくなってしまいました。

逆に、普段見る広告がこのパターンで書かれているのか、と冷静に見ることができて衝動買いを減らせるんじゃないかなと思いました。


この本を繰り返し読んで文章力をあげていきたいと思います!